大阪で肩こりを診てもらえる外来病院・クリニック検索ガイド


大阪で肩こりの相談ができる病院が検索できます!

大阪で肩こりを診てもらえる外来病院・クリニック検索ガイドでは、肩こりや肩から背中にかけての違和感、肩こりに伴う手のしびれ、頭痛と肩こりが一緒に起きるなど、肩こりに伴う症状を診察してもらえる外来病院やクリニックをご紹介しています。

各肩こり診察外来病院やクリニックの特徴や、最寄り駅などが検索できますので、ライフスタイルや通いやすさなどに合わせて当サイトをご活用くださいませ。

肩こりが起きる要因の一つに、肩の筋肉疲労があります。

肩こりは筋肉を使い過ぎて筋肉が疲れたり、精神的な緊張や不安、怒りなどを強く感じると、筋肉内の血流が不足すると筋肉が緊張してコリや痛みを生じます。痛みがあると更に血行不良を招いて悪循環になってしまうのです。

首から肩にかけては大小多くの筋肉があります。なぜこれほど多くの筋肉が首から肩に集まっているかというと、約4000グラムもある重い頭を首の骨で支えながら、首を曲げたり回したり、肩を上げ下げしたり回したりという、複雑な運動が必要なためです。

私達がただ座っているだけでも、重い頭を支えるために首や肩の筋肉は働いています。それだけ筋肉を酷使しているということなのです。

筋肉が活動するには酸素と栄養が必要で、そのためには血管に充分な血液が流れていなければなりません。しかし筋肉疲労で血流が不足すると筋肉は酸欠状態になり、乳酸などの老廃物が溜まってきます。それが刺激となって筋肉の細胞から発痛物質が出て神経を刺激し、こりや痛みを感じるようになります。

肩こりと眼精疲労・ドライアイの関係

パソコンやゲームのしすぎで目が疲れると肩がこるという方が、子供から大人まで劇的に増えています

パソコンをはじめ、ゲーム機器やスマホ、アイフォン、タブレット端末などは、幼稚園の子供も上手に使いこなせるくらい身近なアイテムになっていますが、これらが普及すればするほど視力低下や眼精疲労、それに伴う肩こりを訴える方が増えているのです。

目の疲れや目の乾きからくる肩こりは、ドライアイや眼精疲労の対策をすることで、解消に向かうことが期待されます。

肩こり外来 大阪

ドライアイになると下記のような症状が現れることがあります。

  • 目が乾く。
  • 目が疲れる。
  • 目が痛かったり目を開けているのが辛い。

目が疲れると、肩や首の周囲が重く感じ、そのままほおっておくと肩こりの原因にもなりかねません。

眼精疲労やドライアイが肩こりの原因ではないかと思い当たる方は、早目に対策を取り、眼科で適切な治療を受けることで、肩こりが解消することが期待できます。


なんと90日間試して納得できなかったら返品OK!